規則正しい食生活習慣をつけることが病気を進行を防ぐことになる

早期発見早期治療を

工事現場

後遺症を残さないためには

脳に関する病気として脳卒中が知られますが、この脳卒中には脳出血・脳梗塞・くも膜下出血などがあります。脳血管が詰まる病気を脳梗塞と呼び、脳血管が破れてしまう病気を脳出血やくも膜下出血に分けることが出来ます。その中の脳梗塞を起こした時は、血管が詰まる状態になったことで、血液が流れなくなり酸素が行き届かなくなり栄養が不足してしまいます。この状態が続くことで脳細胞が壊死してしまい、言語障害や手足などに麻痺を起こしてしまうことになります。脳梗塞を起こす原因として考えられるものに、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病とか喫煙などの悪習慣があり、動脈硬化をすすめることが脳梗塞の原因作りにもなると考えて良いのでしょう。また不整脈でも動悸やめまいの症状をみせる心房細動を起こす人も、心臓に血栓が出来やすく、その血栓が何等かの原因で飛ぶことで脳梗塞を起こす場合も考えられます。脳梗塞が起こす後遺症には、手足のマヒや言語障害、認知障害などがあり、リハビリが必要になって来ます。手足のマヒを起こした人のリハビリ方法には、電気刺激療法がありますが、これと並行して歩行練習やなどがあります。日常生活に必要な筋肉を付ける努力をすると共に、基本的な生活が出来る工夫も行うことになります。更にはCI療法と呼ばれる方法で、マヒをした手を積極的に使うことも多く行われるリハビリ方法となっています。そして言語聴覚療法があり、言語聴覚師士が言語の訓練を行うことで、言語機能を高めるリハビリを行うことが一般的です。

Copyright© 2020 規則正しい食生活習慣をつけることが病気を進行を防ぐことになる All Rights Reserved.